新潟県内初 登録支援機関に認定されました。 新潟県内初 登録支援機関に認定されました。

SERVICE

サービス

  • 永住ビザ

    • 在留期限を気にせずにずっと日本で暮らしたい
    • 面倒なビザ更新手続から解放されたい
    • 就労制限を気にせずに好きな仕事に就きたい
  • 配偶者ビザ

    • 国際結婚をしたので日本で夫婦生活を送りたい
    • これまでは就労ビザで滞在していたが、日本人や「永住ビザ」を持つ配偶者と婚姻をした
  • 家族ビザ

    • 日本での就労が落ち着いてきたので、本国に残してきた妻や子を日本に呼び寄せて一緒に暮らしたい
  • 就労ビザ

    • 日本の学校を卒業したので就職したい
    • 海外での実務経験をいかして日本で働きたい
  • 経営ビザ

    • 日本で経営者として起業したい
    • 日本で管理者として働きたい
  • 短期ビザ

    • 日本を旅行したい
    • 日本での冠婚葬祭に出席したい

ABOUT US

Asocia行政書士法務事務所について

若くて熱い入管業務専門の国際行政書士が
誠心誠意、責任を持って
お客様のお手伝いをさせていただく
新潟市の行政書士事務所です!

“ツーマンコンセプト”により2名の国際行政書士が
より万全の体制でお客様をサポートいたします。

就労系ビザから配偶者系ビザまで
幅広く対応しておりますので、
新潟でビザにお困りであれば、
とりあえずAsocia行政書士法務事務所にご相談ください!

VOICE

お客様の声

  • Le Hong Phu様 特定活動11号VISA変更申請

    先日、留学生から日本で起業準備をするための特定活動11というVISAへ変更申請をお手伝いしたLe Hong Phu様よりアンケートにお答えいただきました。 多分新潟県では珍しい申請であり、行政書士が申請取次したケースとし […]

  • S・Y様 配偶者VISA【在留期間3年取得!】

    先日奥様の配偶者VISAの更新申請をお手伝いしたS・Y様より お客様の声が届きました。 弊所島崎も今年は『3年』取りに行く!と言っており、有言実行しました。 お客様のご協力もありスムーズに申請ができ、更新許可が下りてよか […]

  • S・A様 配偶者VISA

    先日外国人の旦那様の配偶者ビザへの変更をお手伝いさせていただいた、奥様のS・A様より、アンケートに回答いただきました。 S・A様の旦那様は元々海外在住でしたが、この新型コロナの影響化で奥様とお子様のいる日本に住むことを決 […]

FAQ

よくあるご質問

  • ビザと在留資格は違うものですか。

    厳密には違うものです。ビザとは、在外公館で発行されるもので、その外国人が持っているパスポートが有効であるという「確認」と、ビザに記載された条件により入国することに支障がないという「推薦」の意味を含むものです。一方、在留資格とは、外国人が日本に入国・在留して従事することができる活動又は入国・在留できる身分又は地位について類型化したものであり、現在約30種類の在留資格があります。
    しかし、一般的には在留資格のことを「ビザ」と呼ぶ方が多いので、当事務所でもあえて混同して用いるケースがございます。

  • 在留資格の申請は誰が行うのですか。

    原則として、外国人本人が行います。しかし、法律で認められた代理人や、私たち申請取次行政書士が代わりに申請することも認められており、その場合、本人の出頭は原則として不要となります。

  • 「留学」ビザで滞在している留学生をアルバイトとして雇用することはできますか。

    可能です。「留学」ビザは原則として就労ができませんが、「資格外活動許可」を取得することで週28時間までであればアルバイトを行うことが可能です。

ACCESS

アクセス

Asocia行政書士法務事務所

新潟市西区平島2丁目13-11 2F

TEL
025-201-7514
MOBILE
070-5463-1783
FAX
025-201-7392
MAIL
info@fumio-h-office.com
営業時間
平日9時~18時